社会福祉法人みかり会 HOME
アクセス
お問い合わせ
リンクページ
 
HOME
介護事業理念
利用案内
施設紹介
 
 

HOME > 介護事業理念

介護事業理念

介護理念

運営理念

〜心寄り添う介護〜

「科学的介護」の実践を念頭におき、ご利用者がそれぞれに歩んでこられた人生の歴史を尊重し、私たちが心寄り添って「介」し、ご利用者をお「護」りします。

〜なくてはならない存在に〜

ご利用者やご家族、及び地域住民の方々との多様な関わりを通じて、職員個々の資質向上に努めると同時に、地域に“なくてはならない存在”となる。

介護方針

運営方針

(1) 人としての尊厳を水分で

一日1,500mlの水分を提供することで、尊厳をおまもりします

(2) 人としての尊厳を食事で

選択性のある食事と常食を提供することで、尊厳をおまもりします

(3) 人としての尊厳と自立・自律を排泄で

日中トイレでの排便を支援することで、自立支援し尊厳をおまもりします

(4) 安心と自立・自律を運動で

現存能力を維持・向上することで、自立支援し安心を支えます

(5) 共に笑顔でコミュニケーションを

生活歴を尊重し、共に笑える生活を提供することで、笑顔をひきだします

(6) 共に笑顔で活動を

個人の時間を大切にした支援により、笑顔をひきだします

(1) 「人」にお返しを

ご利用者から「ありがとう」の言葉をいただけるように、そして末代までのサービスを提供できる真のプロを目指す

(2) 「地域」にお返しを

地域課題を把握し、多様なニーズに対応できる「福祉の総合的な拠点」になる

(3) 「世の中」にお返しを

幼老共生社会の再構築と福祉教育の推進

(4) 安全性を高める

安全性を高め、安心して頼られる存在になる

(5) 信頼性を高める

信頼性を高め、信用され頼られる存在になる

介護目標

運営目標

(1) 人としての尊厳を【水分】で

1.一日1,500mlの水分を摂る

脳の活性化と便通改善のために、一日水分量1,500mlを目途に提供します

(2) 人としての尊厳を【食事】で

2.食事を選択する

ご本人の意思を尊重し、嗜好にあった食事を提供します

3.常食を摂取する

噛むことにより脳を活性化させるために、常食を目指します

(3) 人としての尊厳と自立・自律を【排泄】で

4.日中トイレで排便する

現存能力を最大限に活かして、個々の状態に応じた排泄を支援します

(4) 人としての尊厳と自立・自律を【運動】で

5.現存能力を維持・向上する

個々の能力に応じて、「運動する」こと「能力を活用する」ことを支援します

(5) 共に笑顔で【コミュニケーション】を

6.生活歴(自叙伝)の活用

生活歴(自叙伝)をもとにしたコミュニケーションを実践します

7.「同意」と「会話」

全ての関わりにおいて、相手との「同意」と、丁寧な「会話」を徹底します

8.学習療法の実施

ご利用者が達成する喜びを共有し、「褒める」コミュニケーションを実践します

(6)共に笑顔で【活動】を

9.自分の好きなことをする

生活歴(自叙伝)の活用やご本人の思いに沿って、趣味活動を支援します

10.幼老共生の環境提供

子どもとのふれ合いの中で、頼られる喜びを実感していただけるよう支援します

(1) 「人」にお返しを 【介護目標の実践】

1.受容的環境の確立

人的、物的両面において受容的環境を確立します(らしさの排除)

2.「ありがとう」のサービス提供

技術に心をプラスし、「ありがとう」の言葉をいただける「真のプロ」を目標とします

3.末代までのサービス提供

きめ細やかに個別のニーズに対応し、アフターケアの充実を図ります

(2) 「地域」にお返しを 【地域貢献】

4.地域を知る(地域課題の把握と分析)

福祉マーケッティングを展開するため、地域ニーズをデジタルに把握します

5.地域課題(ニーズ)への対応

地域の多様なニーズに対応し、「福祉の総合的な拠点」を目標とします

6.施設主義から機能主義へ

機能性を発揮し、ニーズに応える新しいサービスを開発・提供します

(3) 「世の中」にお返しを 【幼老共生の意義を高める”お年寄りを頼りに”】

7.幼老共生社会の再構築

幼老共生の環境づくりを進め、互いに支え合う共生社会の再構築を図ります

8.福祉教育の推進

地域の幸福を願い、共生社会の構築のため福祉教育を推進します

(4) 安全性を高める 【危機管理】

9.予防(発生確率の低減)する

想定外をなくし、システムを整備、周知を図り、事故等の発生確率の低減を図ります

10.被害規模(ダメージ)を小さくする

好感をもたれる組織風土の確立と事前の準備・訓練を行い、あらかじめ被害規模を小さくできるように努める

11.クライシスマネジメント

発生後の的確な対処方法を整備する

12.人格権・財産権侵害をなくす

人権の尊重や、個人の尊厳に配慮した良質なサービスの提供に努めます

13.経済的被害に備える

経済的な基盤を整え、事業の継続性を高めます

(5) 信頼性を高める 【苦情・要望を活かす】

14.ご利用者との「信任」の構築

受容的環境を基盤として、信じて事を任せてもらえる「信任」を構築します

15.ご家族との「信頼」の構築

「理解者」「援助者」として、安心し信じて頼られる「信頼」を構築します

16..個人情報の保護

プライバシー、個人情報の保護に努め、信頼性の高いサービスを提供します

17.説明責任(アカウンタビリティー)の徹底

サービスの情報を利用者や地域に対して適切に説明します

18..地域との「信認」の構築

オープン化・ネットワーク化を図り、信じて認められる「信認」を構築します

19.行政・関係機関との「信任」の構築

情報の共有やネットワーク化を図り、「信任」の関係を構築します